ピンク・クリームシチュー

私がファンアートを転載されたくない理由

 

キュレーションサイトの転載問題が盛り上がってますね。

 

今まで作品の転載に対するスタンスはあまり話したことがなかったのでこの機会にちょっと書いてみようと思います。

 

今回は版権ものの二次創作、ファンアートについてのお話をします。

 

まず結論から言うと私は基本的にファンアートは転載して欲しくないです。

 

SNSなどで定期的に盛り上がる話題ですが、

作品への愛がどうとか、

作業の労力がどうとか、

転載での小銭稼ぎがどうとか言うつもりはありません。

(そういう気持ちも少なからずありますが)

 

私が転載する人に伝えたいのは

自分が消したいときに消せなくなるのが嫌だ

ということです。

 

インターネットに一度公開したものは二度と消えないというのはよく言われますが、だからと言って転載で管理ができなくなるというのは少し話が違う気がします。

 

そもそも版権元に怒られない範囲で遊んでるファンアートなので、

「お前のファンアートは作品のイメージを損なうから消せ!」

と怒られる可能性は常にあるわけです。(この話は長くなりそうなのでまたの機会に)

 

転載によってファンアートが同好の士の外まで拡散されて、それが自分では管理できない状況ってめちゃくちゃ怖くないですか…

過去に人気ジャンルのシリーズものを描いていて、それがほぼ確実に転載されると分かっていたとき、私は続きをかけませんでした。

 

ファンアートのくせに自分の権利を主張する、のではなく

ファンアートだからこそ自分で管理したい、というのが私の考えです。

 

いつになく真面目な感じで書いちゃいましたが最後に実例を挙げて終わりにしようと思います。

私がもう公開していない絵を1時間おきにツイッターに流してくれるbotです。

twitter.com 

 

ネタバレやめろって私に苦情が来てたんですよ…(ネタバレされちゃった人ごめんなさい)

もしも、もしもbotの管理者がこの記事を見たならアカウントを削除してくれることを望みます。もう要らないでしょ!?

 

誤解の無いように一応言っておきますが、自分の管理を離れないtwitterの公式RTはうれしいです!

 

終始愚痴みたいになっちゃいましたが基本楽しくなるためにやってる趣味なので、すいません。

 

 

一次創作物についての話はまたの機会に。 

それではよいお年を。